会社概要

1947年
(S22)
日本高圧フレキシブルパイプ製作所として、
故片山覚而が創業。 工場内
1949年
(S24)
自動車用燃料管の製造開発。
1950年
(S25)
三菱重工業(株)(現三菱自動車㈱水島自動車製作所)取引開始。
1955年
(S30)
東洋工業(株)(現マツダ(株))取引開始。
1957年
(S32)
自動車用窓枠及びモールの製造開始。
1959年
(S34)
片山工業(株)に商号変更。(資本金450万円)
1961年
(S36)
資本金1800万円に増資。
広島営業所開設。
1963年
(S38)
資本金3600万円に増資。 工場内
1964年
(S39)
三菱重工業(株)(現三菱自動車工業(株)名古屋自動車製作所)取引開始。
1966年
(S41)
資本金4800万円に増資。
1969年
(S44)
井関農機(株)取引開始。
1975年
(S50)
ベローズ管の製造開始。
1976年
(S51)
資本金6000万円に増資。
多層蛇管の製造開始。
岡崎営業所開設。
1978年
(S53)
韓国又永産業(株)と自動車用ドアサッシュ、
モールディングの製造技術に関する技術提携。
1980年
(S55)
会長 片山覚而、社長 片山典男就任。
三菱自動車工業(株)水島自動車製作所品質保証納入工場認定。
1981年
(S56)
マツダ(株)品質保証納入工場認定。
自動植毛ライン設置。
1984年
(S59)
豪州 シルクラフト社とモールディングの製造技術に関する技術提携。
1985年
(S60)
韓国 又永産業(株)に資本参加。
1987年
(S62)
韓国 起永産業(株)に資本参加。
1988年
(S63)
資本金9600万円に増資。
米国 現地法人カタヤマアメリカン(KACI)設立。
kachi
1989年
(H 1)
2色射出成形機導入。
1990年
(H 2)
VI(ビジュアル アイデンティティ システム)導入。
トキワケミカルより F/Wモール技術導入。
1992年
(H 4)
木之子工場完成。
マレーシア イングレス社(IESB)とモールディングの製造技術に関する技術提携。
1994年
(H6)
台湾 瑞利企業股分有限公司とドアサッシュフレームに関する技術提携。
韓国 真永工業(株)(現眞永工業(株))に資本参加。
マレーシア イングレス社(IPSB)に資本参加。
1997年
(H9)
タイ イングレス社(IAV)に資本参加。
TOTO(株)取引開始。
1998年
(H10)
マツダ(株)品質保証認定優良会社取得。
本田技研工業(株)取引開始。
2000年
(H12)
ISO9001:1994 認証取得。
ハイドロ成形機導入。
2001年
(H13)
QS-9000 認証取得。
2002年
(H14)
関東営業所開設。
中国 敏孚企業 (現敏実集団)と技術提携。
ISO14001 認証取得。
2003年
(H15)
ISO9001:2000 認証取得。
インドネシア イングレス社(PT.IMV)と技術提携。
2004年
(H16)
ISO/TS16949 認証取得。
会長 片山典男、社長 瀬戸允峻 就任。
2005年
(H17)
ワゴン・オートモーティブ社とドアーサッシュに関する技術提携。
2006年
(H18)
鈴鹿工場開設。
2007年
(H19)
スズキ(株)取引開始。
2008年
(H20)
社長 片山昌之、副社長 谷本元紀 就任。
2009年
(H21)
インド イングレス社(IMAPL)とモールディングの製造技術に関する技術提携。
2010年
(H22)
英国 ティッセンクラップ・タレント社とドアサッシュに関する技術提携。
2011年
(H23)
インドネシア イングレス社(PT.IMV)に資本参加。
配食サービス事業開始(おもいやりサービス部門)。
2013年
(H25)
次世代認定マーク「くるみん」取得。
事業所内保育所 おもいやり保育園開園。
kachi
2014年
(H26)
メキシコ カタヤマメキシコ(KMEX)設立。
厚生労働省表彰の「均等・両立推進企業表彰」岡山労働局長優良賞を受賞。
岡山県男女共同参画社会づくり知事表彰を受賞。 kmex
2015年
(H27)
マレーシア イングレス・カタヤマ・テクニカル・センター(IKT)設立。
おかやま子育て応援宣言企業岡山県知事賞を受賞。
富士重工業(株)取引開始。
2016年
(H28)
太田営業所、宇都宮営業所開設。

ページトップ