私たち片山工業は、常に部署を超えた コミュニケーションを活発に行い、
互いにプロ意識を高め、よりよい製品づくりを通して
地域社会に貢献しています。

社員同士が「尊敬と感謝の心」で助け合い支え合う――――
それが片山マインドです。

営業や開発メンバーが中心となって新製品・新技術の情報収集や
業界・ お客様の要望を調査及び分析をして、新規開発の情報を収集します。

新規部品の量産に対応する為の工法、製造ラインのコンセプトや、
製品の加工方法を事前に検討して、製品の仕様を決定します。

見積要件(日程、数量、品質など)の 条件の調査をし見積り書を作成し、受注活動を行います。

お客様のご要望に基づく仕様で、CAD等のシステムを使って製品図を作成します。

量産安定までの総合的な開発スケジュールを計画して、プロジェクトの進捗確認を行い、
スムーズな量産体制が整うように管理します。

製品を作るための機械・治型具・金型の設計や、金型の部品を見積りをして購入します。

製品を作るための機械のトライをして不具合があれば対策を行い、量産できる体制へ仕上げます。

ライン生産計画、人員計画等を立てながら製品を製造します。

最適な物流ルートや輸送ダイヤを構築して、お客様へ納品します。

ページトップ