みなさん、こんにちは! 片山工業株式会社代表取締役社長の片山です。

1947年に私の祖父が日本高圧フレキシブルパイプ製作所を創業し、
1959年に片山工業株式会社と商号を変更しました。
1980年に父が社長に就任し、私が2008年6月から22年間のアメリカ生活を経て、
社長に就任しました。

3つの理念の実行

私が就任した当時の片山工業は、社員に笑顔がなく、挨拶もない大変静かな職場でした。

活気のある職場にするために「笑顔で挨拶をしよう!」と全社員に呼びかけ、
私は毎日全社員に笑顔で挨拶を始めました。
6か月たった時、私は600名の社員全員の名前を憶えるまでになりました。

社員同士が「尊敬と感謝の心」で助け合い、支え合いながら仕事をすれば、
どんな困難な仕事も達成できると信じています。

我社にご興味のある方は、ホームページ内にある「3つの理念」をぜひご覧ください。
この3つの理念に共感する人たちと一緒に働きたいと思います。

グローバル人材の育成

我社はアメリカを始め、現在海外10か国13拠点に生産工場があります。
したがって、現地のカーメーカーの設計者と部品設計を取り決め、
現地の技術者と新しいラインを据え付け、現地の作業者に部品の作り方を教えなければなりません。

言語はもちろんのこと、全く異なった価値観や考え方を持った人たちと
短期間でひとつのプロジェクトを完了させなければなりません。

グローバル化に対応できる人材を育成するために2011年から階層別に社内研修を始め、
2012年から若手社員の海外研修も始めました。

自動車以外の事業展開

我社は自動車以外の事業へも積極的に取り組んでいます。

住宅や公共機関への「手すり」や光る手すり「レイストリーム」を生産しています。
また、2014年9月に立ち踏み式電動アシスト付き自転車「ウォーキングバイシクル」のショールームを東京の表参道に開設し、10月から販売を開始しました。

このウォーキングバイシクルは「いつまでも自分の足で歩きたい」をコンセプトに5年の歳月を掛け、開発-生産-販売に至りました。

また、2011年6月から「おもいやり弁当」の宅配サービスを始め、「健康づくり=幸せづくり」のお手伝いをしています。
その他にも新製品の開発を行っています。

地域経済への貢献

会社が利益を上げると、税金を払うことができ、雇用を創出することも出来ます。

我社には500人近い社員がおり、協力会社を含めますと800人が働いています。
家族や親戚を含めますと、相当な人数になります。
我社が永続的に発展することが、地域経済へ貢献することになるのです。

ページトップ